篠原涼子 音楽活動まとめ

エンタメ探索公開済み

Sweets-Best of Ryoko Shinohara-
※画像はAmazon.co.jpより引用

歌う女優シリーズの第4回は「篠原涼子(しのはらりょうこ)」さんをご紹介します。
女性からも憧れる女優としてさままざな作品で人気を誇る篠原涼子さん。
ここではその歌の魅力とそのキャリアについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

篠原涼子(しのはらりょうこ)とは

篠原涼子さんは群馬県出身の女優です。
もともとはソロ歌手志望だったということですが、デビュー当時はアイドルグループ「東京パフォーマンスドール」として活動されていました。

東京パフォーマンスドール 篠原涼子 We should be dancing

その後人気バラエティ「ダウンタウンのごっええ感じ」にレギュラーとして出演し、芸人ばりにさまざまなコーナーに挑戦されています。
このバラエティを通して篠原涼子さんを知ったファンの方も多いかもしれません。
体を張ったお笑いが人気を博します。
歌手志望のご本人にとって、「お笑い」という舞台は一見すると辛い経験になりそうですが、「真剣に勝負することの大切さ」を学ぶ良い経験になったと語られています。
そのたくましさが篠原涼子さんの魅力の1つだと感じるエピソードです。

松本人志が篠原涼子にやりたい放題、、、今なら大問題www(バラエティ)

1994年に小室哲哉さんプロデュースで念願のソロデビューを実現。
当時大ブームを起こしていたプロデューサーの小室哲哉さんと「篠原涼子 with t.komuro」名義で出したシングル「恋しさと せつなさと 心強さ」が大ヒットし、200万以上の売り上げを記録し、NHK紅白歌合戦にも出演します。

この当時の小室哲哉さんは出せば必ずヒットという時代でした。
数々のアーティストがデビューし、多数のヒット曲が存在します。

96年!小室哲哉プロデュースリリース順メドレー

その後は歌手活動と並行していた女優業の方がブレークし、女優「篠原涼子」としての立ち位置を確率します。

名作お仕事ドラマ「ハケンの品格」では「何でもできるけど寂しがり屋のスーパーウーマン」を演じて強烈なインパクトを残しました。
「ハケンの品格」はコロナ禍に2作目が放送されています。

#ハケンの品格 ハケンの品格 予告編 新水曜ドラマ 2020年4月15日スタート

ドラマ「アンフェア」では数々の難事件に挑む女性刑事役を演じました。

映画『アンフェア the movie』予告 出演: 篠原涼子/椎名桔平

ドラマ「ラスト シンデレラ」で「おやじ女子」を演じ、強烈なインパクトを残しました。

【Blu-ray&DVD】ラストシンデレラ

篠原涼子さんの名曲をご紹介

小室哲哉さんとの大ヒット曲「恋しさと せつなさと 心強さ」。やっぱりこの曲は外せません。

篠原涼子 with t.komuro – 恋しさと せつなさと 心強さと

大ヒットアルバムのタイトル曲となった「Lady Generation」。

篠原涼子 Lady Generation (720p)

小室哲哉さんのプロデュース後もさまざまなアーティストからの楽曲提供やコラボレーションを展開しています。

こちらは井上陽水さんの提供曲の「ダメ!」。
ラテンのリズムがかっこいいです。

篠原涼子 ダメ! (720p)

井上陽水さんといえば「飾りじゃないのよ 涙は」。
中森明菜さんへの提供曲でもあります。

井上陽水 飾りじゃないのよ涙は

こちらはゲレンデの女王の広瀬香美さんの提供曲の「平凡なハッピーじゃ足りない」。

篠原涼子 平凡なハッピーじゃ物足りない ポップジャム 96年HD版1080p60fps

広瀬香美さんといえばこの「ロマンスの神様」。

広瀬香美 / ロマンスの神様

伝説的なロッカーである忌野清志郎さんとのコラボレーションとも。
最初に聞いた時には衝撃でした、、

忌野清志郎・篠原涼子

忌野清志郎さんの名曲「雨上がりの夜空に」。

忌野清志郎 雨あがりの夜空に

個人的には篠原涼子さんの楽曲で一番好きかもしれません。
女性シンガー椎名林檎さんの実兄の椎名純平さんとのコラボレーション曲「Time of GOLD」です。

Time of GOLD 椎名純平 with 篠原涼子

椎名純平さんのデビュー曲「世界」も大人な魅力溢れる名曲です。

椎名純平 世界

椎名林檎さんと椎名純平さんの兄妹のコラボ楽曲も。

椎名林檎×斎藤ネコ+椎名純平 – この世の限り

2022年には19年ぶりに歌手として楽曲を発表しています。
名義は篠原涼子でなく、「sino R fine(シノールフィーネ)」です。
楽曲提供は人気シンガーソングライターの絢香(あやか)さんです。
これまでの発表楽曲とはまた違った美しいバラード曲です。

sino R fine「Crazy for you」

絢香さんといえば名曲「三日月」
絢香さんは歌手として今でも精力的に活動されています。

絢香 – 三日月

人に歴史あり。チャンスをモノにできるかどうかは自分次第

歌う女優シリーズでこれまで何人も取り上げてきましたが、まとめてみて思うのは「人に歴史あり」ということです。
音楽活動からスタートされてきた方がいたり、女優業からスタートして歌手活動を始められたりとさまざまなキャリアの築き方があるように感じます。
その中で共通して感じるのは「新しいことに挑戦すること」の大事さです。

篠原涼子さんを見ても、歌手志望からはじまり、バラエティへの出演を経験したり、舞台に出たりとさまざまな挑戦を経て「女優」というキャリアにたどり着いています。
一見「遠回り」と思われることでも一生懸命に挑戦することによって「新しいチャンス」や「興味」につながることが多いと感じます。
自分が思い描いたキャリアとは違っても、「その偶発性を大事にする」ことは本当に大事なことだと篠原涼子さんは教えてくれている気がします。

同じく女優として、歌手としても活動する松たか子さんの音楽活動まとめはこちら!


https://media-bu.com/sing-matsu-takako/

投稿者プロフィール

みんなのメディア部
メディア部運営スタッフです。
みなさまの新しいコミュニケーションのきっかけを「みんなのメディア部」から作れたらと思っています。
ぜひ応援よろしくお願いします!

コメント

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。
This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

タイトルとURLをコピーしました