ドラゴンズドグマ2 メタスコアは87点 レビュー 評価 感想【2024年最新】

ドラゴンズドグマ2ゲーム
ゲームエンタメ探索

ドラゴンズドグマ2のレビュー、メタスコア、評価、感想をご紹介します。
カプコンの人気オープンワールドアクションRPGの最新作です。
メタスコアは87点(執筆時)です。
対応ハードはPS5, xbox series X/S, PC(Steam)です。

『無料』で遊べる!おすすめのゲームアプリについてはこちらでご紹介しています!


https://media-bu.com/free-game-app-review/

ドラゴンズドグマ2のジョブはこちらで詳しくご紹介しています。


https://media-bu.com/doragons-dogma2-job/




スポンサーリンク

ドラゴンズドグマ2とは

『ドラゴンズドグマ 2』 スペシャルムービー

「ドラゴンズドグマ2」はカプコンの人気オープンワールドアクションRPGのドラゴンズドグマシリーズの最新作です。
前作のドラゴンズドグマは2012年にPS3, xbox 360向けに発売されました。
剣と魔法が溢れる重厚なハイ・ファンタジーの世界観とカプコンが手掛けるオープンワールド作品ということで大きな注目を集めた作品です。
セールスもこれまでに世界で720万本以上と大ヒットを記録しています。

爽快な戦闘システムが高く評価されており、ドラゴンズドグマ2でもさらに磨きがかかっているのも評価が高いポイントです。
ドラゴンズドグマの最も注目を集めるシステムは「ポーン」と呼ばれる仲間システムです。
ポーンは異世界からやってくる存在で、人間のような見た目をしていますが人間ではない存在です。
ゲーム中のポーンはAIによって制御され、大切な冒険の仲間として主人公と戦いを共にします。
ドラゴンズドグマ2ではこのポーンシステムも大幅に強化されており、ゲームをより濃厚なものにしているのも注目ポイントの1つという感想です。
ポーンはネットワークを通じて貸し借りすることができるのもドラゴンズドグマの面白い点です。
ゆるいネットワークで実現したオンラインゲームの要素も持ち合わせています。

『Dragon's Dogma 2』 Main Trailer

限定商品は売り切れ次第終了となりますのでご希望の方はお急ぎください!

created by Rinker
カプコン
¥6,628(2024/04/21 23:59:27時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥74,511(2024/04/21 23:59:39時点 Amazon調べ-詳細)




大きな注目を集める「ポーンシステム」

だいたい90秒でわかる!『ドラゴンズドグマ 2』 ジョブ&ポーン編

「ポーンシステム」はドラゴンズドグマ2でもすでに大きな話題を呼んでいます。
ドラゴンズドグマ2のキャラクタークリエーション専門アプリ「ドラゴンズドグマ2 キャラクタークリエイター&ストレージ」は本編リリース前に配信され注目を集めています。
多くのプレイヤーが自作の個性的なキャラクターを制作し、SNSで投稿するという1つのブームも起きています。

ドラゴンズドグマ2では細かい部分を含めてキャラクターを自由に作り込むことができます。

『ドラゴンズドグマ 2』キャラクリインタビュー:スキルに依らない理想の造形を実現できることを第一に

人間からフェアリー系、獣人、宇宙人まで作ることができる自由度の高さです。

他の人気ゲームのキャラクターを再現するプレイヤーも多数現れ、ドラゴンズドグマ2との他作品との自由なコラボレーションも実現しています。

https://twitter.com/W5BmqZQ8iAY71y8/status/1766449154711224608

自由過ぎるキャラクタークリエイトが話題を呼び、ドラゴンズドグマ2への期待をさらに押し上げる結果につながっています。
キャラクターを自由に作り、自由な冒険を繰り広げることができるのもドラゴンズドグマ2の魅力であり評価の高いポイントであるという感想です。

ドラゴンズドグマ2のキャラクタークリエイトのレシピはこちらでも詳しくご紹介しています。


https://media-bu.com/dragons-dogma-cmake/




ドラゴンズドグマ2で追加された『新ジョブ』

ドラゴンズドグマ2ではさまざまな新要素が追加されています。
その中でも特に新ジョブの追加が注目ポイントです。

「アリズン」

主人公である覚者専用ジョブで武器のエキスパートです。
さまざまな武器を切り替えながら多彩なバトルを行うことができます。
アクション重視のプレイヤーには特に注目のジョブという感想です。

「幻術師」

こちらも主人公である覚者専用のジョブです。
幻を召喚したり、敵の撹乱を狙ったりとサポートに特化したジョブです。
これまでにないドラゴンズドグマ2の戦い方ができる注目のジョブという感想です。

「魔剣師」

こちらも主人公である覚者専門の強力なジョブです。
剣技と魔法を兼ね備えたオールラウンダーの強さを備えたジョブです。
これまでに以上に迫力のあるバトルを繰り広げることができる注目のジョブという感想です。

強力なモンスターも多数追加

ドラゴンズドグマ2ではモンスターもさらに強化されています。
巨大なモンスターに挑むこともドラゴンズドグマ2のやり込み要素の1つです。
今回も強力なモンスターが多数登場します。
モンスターを倒す場合も地形を利用するなど戦略性が高いことも評価の高い部分です。
前作以上にバトルがやり込めるのも今作の評価の高いポイントです。

前作でも登場したキメラはさらにパワーアップして登場です。

巨大モンスターに仲間と共に挑むのもドラゴンズドグマの醍醐味です。

最新ハードによってモンスターもより、リアルに強化されています。バトル要素が大幅にパワーアップしています。

メタスコアは高得点の87点

ドラゴンズドグマ2のメタスコアは87点(執筆時)です。
オープンワールドRPGとしてはかなりの高得点です。
世界中のレビューサイトから多数のレビューが届いています。
その中からご紹介します。

100点 ゲーミングボルト

ドラゴンズドグマ2は、オープンワールドアクションRPGの画期的な作品です。完全に没入できる世界観と素晴らしい戦闘、一連のシステムが可能にするのは驚くべき新たなゲームプレイです。カプコンの待望の続編は、さまざまな方法で見事な成果をもたらしています。当然のことながら、この作品には多くの独特さあるため、全ての人に受けいられるとは言えません。しかし、その独特さこそが、この作品を非常にユニークで忘れられない体験にしているのです。

100点 NME

ドラゴンズドグマ2 は、プレイヤーの主体性を促し多くの快感を与えるとともに、絶対的に最高なオープンワールドデザインを革新する壮大な作品です。プレイヤーがこの世界に何百時間も注ぎ込んでも、まだすべてを見きれない可能性があります。これに最高級の戦闘を組み合わせることで、この10年にプレイした中でも最もエキサイティングなゲーム作品が生まれたと感じています。

100点 ギフィニティ

ドラゴンズドグマ2は、カプコンのファンタジーアドベンチャーの究極版です。
神話上の脅威の生き物たちと繰り広げられる比類なき戦闘と、全ての人が体験すべきやりごたえのある探索が融合しています。

100点 Video Games

ドラゴンズドグマ2は、エルデンリングと同じレベルの神秘性と圧倒的な範囲で始まりますが、この世界がどのように機能するかを理解すると、あなたはその世界を理解することができます。気の遠くなるような作業ですが、最初のハードルを乗り越えた後は、信じられないほど素晴らしい体験が待っています。
私はゴブリンを引き裂き、ドレイクにバリスタを撃ち、空飛ぶドラゴンにしがみつき、そして覚者として世界の運命そのものを変えることに憧れていました。『ドラゴンズ ドグマ 2』は、間違いなく2024年最高のアクションRPG であり、その座を奪われる可能性は非常に低く感じています。
世界の探索がどれほどインパクトがあり、夢中になれるかという点で、フロム・ソフトウェアの最高傑作と互角に渡り合っています。
これは『ドラゴンズ ドグマシリーズ』が常に意図していたものであり、傑作の誕生です。

95点 プレイステーションユニバース

今作は時代を超えたファンタジーアドベンチャーです。
ドラゴンズドグマ2は、前作の良かった点をすべて取り入れ、あらゆる面でそれを拡張しています。
戦闘は直感的で魅力的です。
広大な世界を探索できるので、お気に入りのファンタジーの怪物たちと何日も探索したり戦ったりすることができます。
ドラゴンズ ドグマ 2は誰もが見逃せない素晴らしいアドベンチャーです。

95点 ゲームトレンド

ドラゴンズドグマ2は、前作のゲーム性を見事に洗練させたものになっています。
何時間も続けてその広大な世界に迷い込み、覚者としての役割に没頭することができます。
ゲーム全体を通して技術的な問題や気になる点もありますが、それらはゲーム性を阻害するものではありません。
ドラゴンズドグマ2は限界を超越して、真にリアルを感じられるゲームとなっています。

92点 AREAJUGONES

ドラゴンズドグマ2は、良い点も悪い点も含め、このシリーズの過去の作品の多くの要素をほぼ踏襲しています。そのためにゲームプレイに関して言えば、ドラゴンズ ドグマ2には確かに少し時代遅れに感じる要素が含まれていますが、全体的な体験をさらに向上させるために選択されたとも考えることができます。本作はとても優れたRPGであり、このジャンルのすべてのファンは間違いなく楽しむことができる作品です。

90点 True Gaming

ドラゴンズドグマ2は、あらゆる面で高いクオリティを実現しており、時間を忘れて夢中になれる世界を作り出すことに成功しています。

85点 CD Action

ドラゴンズドグマ2は素晴らしい続編作品です。
この作品の最大の強みは、豊富な独自アイデア、ゲームシステム、そしてユニークな雰囲気を与えるさまざまなクールな要素が組み合わさっていることです。
カプコンは本作においてさらに大胆にアップデートし、時代遅れにも感じる要素をいくつか取り除く勇気を見つけられなかったのは少し残念です。
もしもそれらを改善することができれば、さらに素晴らしい作品となっていたことを想像することができます。

ドラゴンズドグマ2のメタスコアレビューまとめ

  • 良作だった前作の良さを全て取り入れ拡張した作品
  • ドラゴンズドグマの世界を正統進化させた良作
  • 2024年最高のアクションRPG
  • 何時間でも夢中になれる作品
  • よりリアルになったモンスターとの夢中になれるバトルが展開されている
  • ドラゴンズドグマシリーズの独自性にさらに磨きがかかって面白さが増している
  • エルデンリングに匹敵する作品
  • 世界観から戦闘まで最高の内容が詰まっている
  • この10年でプレイしたゲームで最高の体験を提供する作品の1つ
  • 世界中のプレイヤーが待ち望んだ期待作
多くのレビューがドラゴンズドグマ2の作り上げたゲーム性の素晴らしさを語っています。
前作の持つオリジナリティをさらに進化させた良作です。

SNSでの感想、レビュー

SNSでもプレイヤーによる感想、レビューが多数投稿されています。
そんな中よりご紹介します。

個性的なキャラクリでドラゴンズドグマ2の世界で冒険を始めているプレイヤーが多数です。
自分だけでのキャラクリで冒険がより一層盛り上がるという感想です。

肉調理にも力が入っているのもドラゴンズドグマ2の見どころの1つです。
肉を食べることでさまざまなバフ効果があり、ゲーム要素としても重要です。
お腹が空いている時は要注意という感想です。

大型モンスターもリアルに仕上がっています。
前作よりも大幅にモデリングも挙動もリアルに仕上がっているという感想です。

戦闘に関してもリアルさや戦略が重視されています。
通常敵も油断するとやられてしまうので気をつけて冒険する必要があります。

主人公である覚者とメインポーンは自身でクリエイトすることができます。
2人を作り上げることで自分だけの世界観を作っていけるのがドラゴンズドグマ2の魅力の1つです。
シュールな世界を作ることもできる自由度の高さです。

ドラゴンズドグマ2ではポーンの貸し借りができるのも遊びどころの1つです。
公式で用意されているポーンを借りて遊ぶこともできるという感想です。

https://twitter.com/MJElleby/status/1770912163193815189

肉調理の表現については多くのプレイヤーが驚きを覚えているようです。
本作の見どころの1つでもあります。

https://twitter.com/vQ53xaOj6yMSuqV/status/1771116374397739109

多くのプレイヤーがドラゴンズドグマ2の世界への冒険に出発しています。
やり込み要素たっぷりの広大な物語が世界中で始まっています。

新ジョブ「魔剣士」は剣と魔法を使える強力なジョブです。
迫力のアクションがプレイできるのもおすすめという感想です。

https://twitter.com/maximum0224/status/1771499591038308625

オンラインを介してポーン同士をやりとりできるのもドラゴンズドグマ2の面白さの1つです。
使ってもらえることでポーンにとってもメリットがあるのが嬉しいという感想です。

https://twitter.com/bpSMd4NS0kq6usK/status/1771891091698262162

ポーンがよく喋り、そして人間味があることもドラゴンズドグマ2の面白みの1つです。
誰かとプレイしている感覚を味わえるのがポーンシステムの良さでもあるという感想です。

前作を遊んだ多くのプレイヤーがドラゴンズドグマ2を手に取っています。
前作からどのように進化したのか、その12年分の重みを感じるのも楽しみの1つです。

強敵モンスターに挑むのもドラゴンズドグマ2の楽しみの1つです。
ポーン全員と協力して大きなモンスターに挑む楽しさがあります。

物理シミュレーションを丁寧に行っているのがドラゴンズドグマ2の面白いところです。
何が起こるかわからないところが作品の面白さにつながっているという感想です。

戦闘における戦略性が前作よりも上がっているのもファンにとっては嬉しいポイントです。
前作以上にスタイリッシュなバトルを展開できるという感想です。

今作ではシーフは有益なスキルを覚える強力なジョブです。
育てがいがあるジョブになっています。

今作では前作以上にポーンのサポートがアップしています。
受け止めてくれる頼りになる存在です。

「ドラゴンズドグマ2」はシリーズの好評な要素が更にパワーアップしたやり込み要素満載の超期待作

「ドラゴンズドグマ2」は大ヒットを記録した前作ドラゴンズドグマが正統進化した超期待作です。
ファンの間で好評だった「キャラクタークリエイトシステム」「ポーンシステム」も大幅にパワーアップしており、ドラゴンズドグマ2の世界をより深く面白いものにしています。
前作とストーリー上のつながりはないため、今作から遊ぶ方にも配慮された作品になっています。
ドラゴンズドグマ2では、自分だけのキャラクターを作りこみ、強力なジョブと共にさまざまなポーンと大冒険を繰り広げることができるのが本当に評価の高いポイントです。
ぜひドラゴンズドグマ2で大冒険に繰り広げていただけたらと思います。
おすすめの作品です。

限定商品は売り切れ次第終了となりますのでご希望の方はお急ぎください!

created by Rinker
カプコン
¥6,628(2024/04/21 23:59:27時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥74,511(2024/04/21 23:59:39時点 Amazon調べ-詳細)

『無料』で遊べる!おすすめのゲームアプリについてはこちらでご紹介しています!


https://media-bu.com/free-game-app-review/

ドラゴンズドグマ2のジョブはこちらで詳しくご紹介しています。


https://media-bu.com/doragons-dogma2-job/

アニメをお得にたっぷり見たい方はDMM TVがおすすめ!


おすすめ記事のご紹介

注目の『ドラゴンズドグマ2』のキャラクタークリエイトのレシピはこちらでご紹介しています!


https://media-bu.com/dragons-dogma-cmake/

大ヒットのSRPG「ユニコーンオーバーロード」のメタスコアはこちらでご紹介しています。


https://media-bu.com/unicorn-overload-metascore/

ファイナルファンファンタジー&キングダムハーツのクリエイターが手掛ける注目作「レナティス」の情報はこちら!


https://media-bu.com/reynatis-info/

大注目の真・女神転生5の完全版についてはこちらで詳しくご紹介しています。


https://media-bu.com/megami-tensei5-comp/

世界が注目する傑作 FF7 リバースのメタスコアについてはこちらで詳しくご紹介しています。


https://media-bu.com/ff7-reverse-metascore/

ATLUSとヴァニラウェアによる超期待作「ユニコーンオーバーロード」の情報はこちらでご紹介しています。


https://media-bu.com/unicovn-ol-demo-rev/

話題作盛りだくさんのニンテンドーダイレクトのまとめはこちらで紹介しています。


https://media-bu.com/nintendo-direct-2024-2-21/

PS Plusのフリープレイで遊べるテイルズシリーズについてはこちらで詳しくご紹介しています。


https://media-bu.com/ps-plus-tales-review/

注目の壮大な海賊バトル「スカルアンドボーンズ」についてこちらでご紹介しています。


https://media-bu.com/skull-bones-beta-review/

FF7 リバース 体験版のレビューはこちらでご紹介しています。


https://media-bu.com/ff7-rebirth-demo-review/

PS Plusフリープレイとしても大人気の「フォームスターズ」はこちらでご紹介しています。


https://media-bu.com/formstars-review/

大人気シリーズ最新作 風来のシレン6のレビューはこちらでご紹介しています。


https://media-bu.com/shiren-6-review/

注目作グランブルーファンタジー リリンクのレビューはこちらでご紹介しています。


https://media-bu.com/grandblue-fantasy-relink-review/

待望の傑作リメイク ペルソナ3 リロードのレビューはこちらでご紹介しています。


https://media-bu.com/persona3-reload-review/

投稿者プロフィール

みんなのメディア部
メディア部運営スタッフです。
みなさまの新しいコミュニケーションのきっかけを「みんなのメディア部」から作れたらと思っています。
ぜひ応援よろしくお願いします!
タイトルとURLをコピーしました